So-net無料ブログ作成

オニバスの赤ちゃん

雨の多い日が続くと池の水もいっぱいです。今のところ、渇水の心配はなさそうです。香川県には1万以上のため池があり、そこにはいろんな生物が棲んでいます。なかでもオニバスはその大きさの点で群を抜いています。直径2mを超す大きな葉を何枚も出して、時には池の水面を覆い尽くしてしまいます。そんなオニバスも、最近の開発で姿を消し、絶滅危惧植物に指定されています。善通寺市にはオニバスが生息する池がいくつかありますが、そのうちの一つ、ひょうたん池にオニバスの赤ちゃんが今年も元気に顔を出しました。オニバスの葉は成長とともに3〜4種類ほどありますが、写真のスイレンに似た葉はもう少しすると枯れ、かわりに盾のような丸い葉が出てきます。見守ってあげたいですね。

onibasu.jpg

梅雨が明けるとこんな風になるかも。
onibasu2.jpg

瓢箪池



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

かがわサンサン倶楽部

はじめまして
 環境がどんどんよくなっているようです。
今後とも よろしくお願いいたします。
by かがわサンサン倶楽部 (2008-09-06 23:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。