So-net無料ブログ作成

海城(その特殊な役割) [城]

hiketajo.JPG

引田城(山頂に引田城跡がある) バーズアイ、香川

戦国時代、大軍の攻撃から逃げ込んだのち、上から攻撃するのに格好な山城、あるいは敵兵の足をぬかるませる平城がつくられました。これらは、防戦用の城として秀逸だったようです。これらのほかにも、岬や海岸の平山に海城が築かれました。海城は、山城のような急峻な山ではなく、岡のような平山につくられたようです。この海城にも特殊な役割があったようです。


Q.戦国時代、海城の特殊な役割とは・・?

A. 水練の練習をする
B. 海を見張る
C. 水軍の拠点とする
D. おいしい魚をとる

こたえはこちら(クリック)




海城の目的は、主に水軍の拠点となった湊の防御や水軍の指揮だったといいます。また、貿易の盛んな湊ではその統治も重要な役割といえます。防戦のための城というよりは、出陣の城あるいは見張りの砦と言えます。しかし、完全に無防備という訳ではなく、ふつう海城の周囲は海で囲まれ、海自体が堀の役割を果たしています。

引田城は香川県の東の端、徳島との県境に近い岬に築城された城です。瀬戸内海とはいえ、小島の少ない開けた播磨灘に面し、海を見張るには都合の良い立地と言えます。引田城は香川県東部の豪族、寒川氏の家臣の築城とされ、寒川氏の水軍、あるいは貿易の拠点である引田浦を統治する城でした。室町時代、讃岐を支配した細川氏が応仁の乱以降衰退すると、細川氏の家臣だった寒川氏は中国の雄大内氏に近づき、その庇護のもと勘合貿易で潤いました。その中心的な役割をになったのが、引田浦と引田城ということです。

しかし、戦国末期、阿波(徳島)の三好氏が勢力を強めると、三好とその姻戚関係にある十河、さらに安富氏らに攻められて、引田城を明け渡すことになります。

時代が下がって、生駒時代には、生駒氏は高松城を築城する前に、引田城を居城にすべく、手を加えたこともありました。




メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。