So-net無料ブログ作成

山城、廓 [城]

CIMG0466_1.JPG
連郭跡 バーズアイ・香川(西長尾城)

戦国時代の山城の大手道には、小さいながら数多くの曲輪(郭)が配置されました。城が築かれた山の尾根沿いに建てられたようです。それでは、山城はどうして有効だったのでしょうか。

Q.山城では、尾根に多数の郭が築かれたのは・・なぜ?

A. 食料を保管するため
B. 兵を駐屯させるため
C. 女を住まわせるため
D. 敵の侵攻を妨げるため

こたえはこちら(クリック)



戦国の山城は、大軍に攻められたときの籠城戦に使われましたが、山上からの攻撃のみでなく、敵の侵攻を妨げるさまざま仕掛けがありました。通常、急峻な崖で守られているため、通路は尾根沿いにあります。その通路上に郭をおいて敵の侵攻を妨げる構造になっていました。


西長尾城は、室町時代に後の幕府管領になった細川頼之に従い、白峯の合戦で軍功をおさめた長尾氏の居城です。複数の支城をもっていました。戦国末期に、土佐の長宗我部氏が讃岐に侵攻してきた際に、天霧城主香川氏の仲介で開城し、長宗我部氏の軍門に下りました。西長尾城は讃岐の街道を見渡すことのできる立地にあったため、長宗我部氏の重臣の国吉氏が入城し、讃岐攻略の拠点にしました。そのため、国吉城とも言います。写真は、郭跡(連郭)。

バーズアイ・香川(西長尾城)




メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。