So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日本の城の石垣 [城]

isigaki.JPG

日本の城といえば、木造の天守のほかに石垣の美しさがよく話題になります。それもヨーロッパや中国の城塞都市の城壁ではなく、城やその廻りを支える石垣のことです。ふつう、大手門付近の石垣は大きな石をきれいに加工して、その美しさを際立たせています。また、扇の勾配と言って、積まれた石垣の曲線美を強調するものもあります。

ところで、日本の城には石垣はあっても、城壁がないのはなぜでしょうか。

Q:日本の城に城壁がないのはなぜ・・?

A1.日本人は背が低いから
A2.地震が多いから
A3.石が大きいから
A4.木がたくさん生えているから

こたえはこちら(クリック)

日本の石垣は城壁の代わりに、堀を掘ってその土を盛って土塁を作りました。その土塁を補強するために石垣が築かれました。敵の侵入を防ぐためにより高く、より垂直な石垣が望まれました。石垣の扇の勾配はそんな発想から生まれたといいます。石垣づくりには高度な技術が必要なため、戦国時代までは石塁程度で、本格的な石垣は近世になってから築かれました。

参照:バーズアイ、香川


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。