So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

鬼が島,香川(女木島) [城]

megi.jpg

女木島   バーズアイ、香川(桃太郎)

お伽噺の桃太郎は、鬼が島に鬼を退治に行きます。一般に、桃太郎のモデルになったのは岡山地方を平定した吉備津彦命といわれています。ここには、その鬼が棲んでいた鬼ノ城が残っています(こちら参照)。鬼は城の城主だったのです。一方、香川、讃岐にも桃太郎伝説が残っており(こちら参照)、吉備津彦命の弟、雅武彦命が鬼が島の鬼を退治しました。昭和の初め、鬼の根城らしき洞穴が女木島で発見されています。鬼の正体は、どうやら瀬戸内海の海賊だったようです。いわゆる「城」ではありませんが、海賊の城とも受け取れます。それでは、讃岐の桃太郎に退治された讃岐の鬼はいったいどんな城に棲んでいたのでしょうか。

Q:讃岐の桃太郎が退治した鬼が島の洞穴はどのようにしてできたのでしょうか?

A1.人がてで掘った
A2.溶岩が固まる時にできた
A3.海水の浸食でできた
A4.火山の火口だった

こたえはこちら(クリック)


女木島には、鬼の財宝が隠されていた?大洞窟があります。海賊の隠れ家だったといわれますが、屋島と同様の溶岩台地の女木島ですが、固い溶岩の下に軟らかい凝灰岩の層があって、その層に洞窟があります。溶岩台地の贈り物です。



共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。