So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

讃岐桃太郎伝説は本当の話? [むかし話]

momotaro.gif

香川には、浦島太郎伝説以外にも、桃太郎伝説が語り継がれています。通常、黍団子とひきかえに家来になった動物と鬼を退治する桃太郎は、吉備国(岡山)を荒らし鬼ノ城に住む「鬼」の温羅(うら)を倒した吉備津彦命(きびつひこのみこと)がモデルと言われています。では、讃岐桃太郎伝説はにせもの?

以下のクイズにトライ!四つの解答から一つ選び、チャレンジをクリック!解答があります。



讃岐桃太郎伝説は、鬼が島(高松市の女木島)や鬼無(きなし)の地名などで残っています。

鬼無の桃太郎神社

桃太郎神社



タグ:桃太郎

あった、讃岐浦島太郎伝説! [むかし話]

syounai.jpg
庄内半島

毎年夏になると、ウミガメの産卵ができる浜辺の話題で紙面が賑わいます。ウミガメと関係の深い浦島太郎伝説は、丹後国風土記に発祥し、全国各地で伝承されています。ここ香川では、丹後半島ではなく、庄内半島にその舞台があり、地名として残っています。庄内半島の浦島太郎は、少し変わったことを行います。さて、それは何でしょう?

以下のクイズにトライ!四つの解答から一つ選び、チャレンジをクリック!解答があります。



庄内半島は、元々あった島が砂の堆積で陸とつながった半島といわれ、太郎が亀を助けた鴨の越はその接続部になります。島と陸がつながるほど海の砂が堆積する所では、遠浅の干潟が広がり、亀の産卵に必要な場所です。そんな場所を守るうえでも、大切にしたいおとぎ話ですね。


浦島太郎伝説






タグ:浦島太郎

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。