So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

山城、守る城のはじまり [城]

CIMG8969.JPG
空堀:天霧城  バーズアイ、香川

鎌倉時代には、領地の中に堀を掘って築かれた城も変化し始めました。室町時代になって南北朝の騒乱時代になると、武士の集団が日常的に戦闘するようになりました。南北朝時代以降、武士は領内の山に山城を築くようになりました。とりわけ、楠木正成の赤坂千早城の合戦以降、山城が有効であることが知られ、領内の山に城が築かれるようになったようです。それでは、山城はどうして有効だったのでしょうか。

Q.南北朝時代の武士が山城を築いたのは・・なぜ?

A. 山菜などの食料がたくさんあるから
B. 山からの見晴らしがいいから
C. 少数の兵で大群を退けられるから
D. 山の空気がうまいから

こたえはこちら(クリック)



山は、大軍に攻められた時に逃げ込む場所としては格好の立地でした。下から攻めてくる敵に、武器がなくとも石や丸太を投げつけて攻撃することもできます。また、富士山のような独立峰よりも細長い尾根が選ばれるのは、山頂に曲輪という建造物を複数つくるのに都合が良いからといわれます。ただし、敵の侵攻を妨げられるような、四方のうち二面は急峻な崖がある場合が多い。


天霧城は香川県西部を支配していた香川氏の山城で、国史跡にも指定されています。室町時代に細川氏が讃岐の守護になった際に入部した東国武将といわれます。戦国時代には、三好氏の攻撃に耐えたことでもこの山城の防御力を伺い知ることができます。写真は、空堀。敵の侵攻に際して、足止めをするためのものだとか。







共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。